gele.log()

風立ちぬを見た

投稿:2013年7月23日 9:41 PM 改訂:2013年7月23日 9:41 PM

正直戦時中の男女の愛情とか夫婦関係とかしらんのでアレが普通だったのかどうかすら解らないのでまぁアレでなに

もの凄い我が儘な人達の物語?

作中で何度も何度も「軍事に使われるとか関係ない、美しい飛行機を作りたいだけだ」と連呼するのは何でなんだろうとか、妻となる人が結核だと解っても全く動じない主人公の割に、血を吐いたと連絡を受けると特高に狙われているのに妻の所に行く主人公。

その割に、病に伏している妻の横でたばこを吸う主人公とか意味不明というか・・・。まぁ仕事に没頭していたのは、妻の生きているうちに理想とする航空機を作るべく努力していたのかなぁとか思えるわけですが、最後まで妻のことを見ていなかったとも思えるわけで・・・。

庵野氏の声は

物語初頭は凄い違和感アリまくりです、終盤慣れてきます。慣れてきたのか庵野氏が上手く演じられるようになったのかよく解りません。

いったい何だったんだろうか

よく解らない。変に美化してる部分もあるし、妙にむなしさばかり残るENDでもあるし、それでも良かったんだと思える終了にも見える。正直なところあまり面白くなかった。まぁ、私の個人的な感想だし、私個人は映画を見る目がないと思っているので案外名作なのかもねと。でもまぁ、、、面白くなかった。どうしたいのかがわからない

コメント

コメントはまだ投稿されていません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

gele.log() > ログ > 日々の雑記 > 風立ちぬを見た